リースによる福祉車両導入を考慮しよう

subpage01

介護や福祉事業に携わる施設において、大切な利用者の方々を施設などに送り迎えする際に使用するのが福祉車両と言えるでしょう。最近では、こうした事業者に加えて、個人の利用者も増えてきています。


中には、高齢や体の具合のために自力で病院へ行くことができない家族を病院へ連れていくために、福祉車両を利用する人も多くなっています。
しかし、福祉車両を購入しようと思うと、現金一括払いにしろ、ローンを組むにしろ、経済面での負担はどうしても大きくなってしまうことでしょう。そこで、前向きに考慮したいのがリースでしょう。

福祉車両のレンタルに関してとにかく簡単に調べられます。

もちろん、リースと言っても、車両代や税金のみのタイプもあれば、これらにプラスしてメンテナンスや維持管理などが含まれているタイプのものもあります。


購入に比べてリースの良さは、何と言っても、月々にかかる経済的な負担が少ないという点でしょう。
毎月一定の使用料で福祉車両を利用することができるようになるのです。


購入する場合のように、まとまった資金が必要でないため、資金調達に神経を使う必要もありません。



その分を、必要な他の資金に充てることができるでしょう。

毎日新聞に関してとにかく簡単に調べられます。

さらに、購入した場合、当然のことながら、車両の維持管理やメンテナンスを自分で行なわなければなりません。しかし、メンテナンスを含むリースを利用するなら、リース会社が代行してくれるため、福祉車両を利用する側にそれほど大きな負担がかからずに済むという良さもあります。

大人の常識

subpage02

福祉車両をリースにするメリットは、資金面と車種の多さとプランの充実です。資金面では購入する場合と異なり、車両の価格や登録費用や自賠責保や車検時に掛かる重量税などを用意する必要がありません。...

NEXT

福祉についての考察

subpage03

車いすのまま乗り込むことのできる装置を有していたり、回転式のシートなどの乗降補助機能があったりする福祉車両は、体の不自由な方の行動範囲を広げることのできるとても有益な車です。普及も年々進んできていはいるのですが、そのスピードは決して急速なものとは言えない状況が見られます。...

NEXT

納得の情報

subpage04

福祉車両と呼ばれる、福祉の事業所が利用者を送り迎えする車両があります。障碍者や高齢者などが利用しやすいように工夫してある車両のことです。...

NEXT

わかりやすい情報

subpage04

福祉車両というのは、身体に障害をもっている人や、ふだんは介助が必要となるお年寄りであっても、気軽に乗り降りができるように特別につくられた車種のことです。福祉車両のなかには、大掛かりな改造をほどこして、たとえば足で踏むタイプのブレーキペダルやクラッチペダルに代わって、ウインカーのように手元で操作することができるようになっているものや、ハンドルがジョイスティックのような形状になっているようなものなどもありますが、これはどちらかといえば、それぞれの人の身体の障害の部位や程度に応じてオーダーメイド的なものとなります。...

NEXT