就活メイクのポイント

就活メイクは、清潔感や若々しさを表現するのに役立ちます。
就活メイクの基本はベースメイクです。規則正しい生活を送っていると思わせるために、クマやくすみをカバーします。


化粧下地はクリーム系かベージュ系が自然に仕上がります。

大きなラメが入っていると、派手で見栄っ張りな印象を与えるので避けます。



化粧下地は頬とおでこ、鼻、顎の順に載せて塗り広げます。鼻の毛穴を隠すために暑く塗りがちですが、鼻と顎は化粧崩れを防ぐために薄く塗ります。



ニキビやニキビ跡、クマはコンシーラーで隠します。擦るようにしてコンシーラーを塗ると、隠したい場所がかえって目立ちます。

塗りすぎると厚化粧になるので、少量を軽くポンポンと指で叩くと馴染みます。

そしてファンデーションでベースメイクは完了します。
ファンデーションの色は首を基準にして選びます。
顔だけ白浮きしないように、顔よりワントーン暗い首に合わせます。

スポンジで肌の内側から外側に向けて広げます。これによってしっかり塗る部分と、ふんわり仕上げる部分のメリハリができます。


リキッドファンデーションは保湿力があってしっとりしますが、夏はべたつくので乾燥がひどくない限りパウダーファンデーションを使います。
就活メイクの眉毛はナチュラルを重視します。
眉頭は薄く全体にふんわりとぼかして眉尻に流します。


眉毛はカットしすぎないように気を付けます。



色はダークブラウンで、角度をつけすぎなければナチュラルに仕上がります。