オフィスレイアウトの種類

subpage01

オフィスレイアウトにはいくつかの種類があるため、まずレイアウトの目的を考えて、それぞれの特徴をおさえた上で、オフィスに合うレイアウトを選ぶことが大切です。

対向式は、部署ごとにデスクを向き合う形で配置する、最も一般的なレイアウトで、島型とも呼ばれています。



デスクの配置がまとまっているため、コミュニケーションがとりやすいという特徴があります。また、スペースの効率が良くて、デスクが統一されているので、人員が変動した時の移動も簡単に行うことができます。
そして、フリーアドレス式のオフィスレイアウトは、形状は島型と似ていますが、使い方は異なります。

goo ニュースに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

席を固定せずに、自由に空いている席を選んで座る形式で、在席率によって席数の調整を行い、席数を必要最低限におさえることができるため、スペースの効率が良くなります。



ただし、個人専用の収納や無線LAN環境を、別途用意することが必要です。


それから、スクール式や並列式とも呼ばれる、同向式のオフィスレイアウトは、デスクを1つの方向に向けて並べます。この形式には、書類や伝票の流れに応じて、デスク配置を行えるなどのメリットがあります。
しかし、個人の集中を重視しているので、コミュニケーションをとることが多い業務には不向きだとされています。

さらにブース型は、パネルやパーテーションなどでデスク周りを囲って、ブース型の作業空間を作るオフィスレイアウトです。

周囲からの視線や雑音などを防いで、作業に集中することができるため、クリエイターやプログラマーなど、高い集中力が必要な職種に適しています。
パネルの高さや配置を工夫すると、コミュニケーションをとりやすい環境にすることも可能になります。