業務に集中しやすいオフィスレイアウトのポイント

main-img

新たに事務所を借りて、オフィスレイアウトを検討する場合、できる限り広い面積を使いたいと思うものですが、あまり得策ではありません。
広いスペースを使ってレイアウトすると、導線が長くなってしまい、無駄な動きが増えるばかりか、光熱費や賃貸料も嵩みますから、想像以上に無駄な経費を使用することにもなりかねないのです。最適なオフィスレイアウトとするためには、業種や従業員数、仕事の内容を十分に考慮し、最適な広さをもったスペースに、最適にレイアウトする必要があるのです。
そこで、まず最初に考えなければならないのが、実際に仕事をする社員のデスクの配置です。

中には、管理社員のデスクから決めようとする人もいますが、これは間違いです。
オフィスの中心は実際に仕事をしている社員であり、チーム単位でどのように配置するかで、作業性や社員間のコミュニケーションに大きな影響を与えます。



例えば、営業職であればチームでミーティングがしやすいよう、対面式に配置することがベストですし、技術職であれば、背中合わせや学校形式の方が作業に集中しやすく作業効率が向上します。
デスクの配置が決まれば、コピー機やプリンタなどの備品類やミーティングスペースや応接スペースを配置し、全体のレイアウトを決定します。この場合も、単に空いたスペースに置くのではなく、それらを使用する社員の導線を考慮して配置することにより、無駄な動きがなくなります。

goo ニュースについてわかりやすく説明しています。

オフィスレイアウトが成功すれば、確実に業績は向上しますので、日々の仕事の内容を十分に考慮し、業務に集中しやすい環境を作りたいものです。



知りたい会社事情

subpage01

全ての企業にとってオフィスレイアウトは重要なもの。従業員やスタッフの作業効率を高める上でもそれぞれの座席や、仕事内容に適したスペースを確保できているか否かはビジネスの収益を左右するほどの鍵を握っていると言っても過言ではありません。...

more

納得の真実

subpage02

オフィスは働く人たちにとって、寝ている時間を除けばマイホーム以上に長い時間を過ごす場所です。だからこそ居心地というものはかなり大きな影響があると言われています。...

more

知りたい情報

subpage03

普段、業務をしているとなかなか気付かないことというものは意外と多くあります。そして、そういったものの中でもかなり重要なのが、オフィスの環境です。...

more

会社が気になる方

subpage04

オフィスレイアウトにはいくつかの種類があるため、まずレイアウトの目的を考えて、それぞれの特徴をおさえた上で、オフィスに合うレイアウトを選ぶことが大切です。対向式は、部署ごとにデスクを向き合う形で配置する、最も一般的なレイアウトで、島型とも呼ばれています。...

more